2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の鳥、京都に出現!?予定

最近になって、
「手塚治虫」漫画にどっぷりはまっています。

コニーです。

やっと、「ブッダ」を読み終えたので、
次は、何を読もうかな。

「アドルフに告ぐ」か「火の鳥」か…。

アドルフに告ぐ 1 新装版 (文春文庫 て 9-1)アドルフに告ぐ 1 新装版 (文春文庫 て 9-1)
(2009/01/09)
手塚 治虫

商品詳細を見る


火の鳥 1・黎明編火の鳥 1・黎明編
(2009/05/20)
手塚 治虫

商品詳細を見る


そうそう、
先日の京都新聞でみつけたこんな記事。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009061400025&genre=M1&area=K00

「京都の高名な仏師が、
 故手塚治虫さんの漫画キャラクター「火の鳥」の
 巨大な立体像造りに取り組んでいる。
 今夏に完成し、京都市中京区の京都国際マンガミュージアムに
 常設展示される予定で、漫画文化の「守り神」として注目されそうだ。」
 (京都新聞HPより)

「漆を塗り、金箔や彩色を施す」ようなので、
いやはや、いかにも、日本的な色彩の美しいものができるのでしょう。

これは、ぜひぜひ、観にいかなくちゃ。
うん。

となると、
世間的にも話題ということで、
次に読むのは、「火の鳥」か…。

未完の大作。

手塚治虫のライフワーク。

今の私に受け止めきれるかどうか…。

うーん。挑戦してみよう。

そして、「火の鳥」を観にいこう。

**********************************
京都ライフ 6/18号、発売は今週水曜日まで!
0618.jpg
「インターネット対応特集」
「ゆったりリビング特集」

読者プレゼントはコードレスクリーナー。
0618pre.jpg

**********************************

宝塚にある「手塚治虫記念館」は有名ですが、

京都にも小さな美術館
KYOTO手塚治虫ワールドがあります。

本当に、この方は天才だと思います。

それは、もう。

ブッダよりも…。

あ、おこられるか…。

あくまで、「手塚ブッダ」よりも、ということです、はい。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kleditors.blog117.fc2.com/tb.php/279-bfbaaebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひつじがいっぴき «  | BLOG TOP |  » コーヒーブルース

プロフィール

京都ライフ編集部

Author:京都ライフ編集部
食べるのだいすき!賃貸情報誌『京都ライフ』の編集部のひみつのブログです。更新がんばります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。